Student Council

高校生徒会長挨拶

みなさん、けやき祭へようこそ!

早速ですが...今年度のけやき祭のテーマに気付いていただけたでしょうか?2016年度けやき祭のテーマは「結」です。

昨年度から本格的に始動し始めたけやき祭実行委員会による生徒主体の運営。先輩方の熱意によって、素晴らしい基礎が出来上がりました。そして、年度初めの今年のテーマを決める段階で、生徒の中で最も多く出た意見は、多くの団体や人との「結びつき」、そしてそれを確実にけやき祭当日の「結果」に残したいという思いです。それぞれが部活動や委員会、各クラス内で結束し、そして良い文化祭にしたいという熱意を来場者の皆様に伝え、けやき祭を通して皆様と結びつきたいと強く願っていました。特に広尾学園の特色である各個人のプレゼンテーションでは、それぞれの学年でそれぞれの個人が何を伝えたいか、どう伝えられるかを仲間と共に、先生と共に試行錯誤してきました。

個人的なことですが、私にとっては今年度が最後のけやき祭となります。長い生徒会生活の中では、多くの団体・生徒と「結束」することで、生徒それぞれの熱い志を見て来ました。そしてそれを多くの場面、方法で来場者の皆様に伝える機会がある本校のけやき祭を今改めて誇りに思っています。今年度は「結束」の想いがより一層色鮮やかに校舎全体にちりばめられた、けやき祭であると胸を張って言う事が出来ます。短い二日間ですが、広尾学園生全員が欠けることなく皆様に魅せるーつーつをお楽しみください。



中学生徒会長挨拶

けやき祭にようこそ!今年度のけやき祭のテーマ「結(ゆい)」とは、結ぶ・結束・結実を意味しています。広尾学園生が結束する姿、けやき祭に向けて何度も練習してきたプレゼンテーション、クラス・部活・同好会・委員会活動等の日頃の結実の成果をご覧いただけましたら幸いです。

また、「結(ゆい)」には地域社会における相互扶助の意味もあります。例えば農村では田植えや稲刈り等の共同作業に際し、助け合いの精神に基づき、互いに助け合い支え合うのだそうです。

私達、広尾学園生1人1人は、両親・兄弟、先生、学園の仲間は勿論のことですが、学園を取り巻く地域社会の温かいご支援に支えられ、充実した素晴らしい学園生活を送らせていただいています。そんな私達を取り巻く皆さまと触れ合い、一緒に少しでも素敵な時間を共有することができればと願っています。

けやき祭の準備に懸命に取り組んできたけやき祭実行委員会、また私達を日頃から温かく見守って下さるPTAの皆さまにもこの場をかりて感謝したいと思います。

けやき祭は、例えるならば学園生活の成果を互いに讃え合う「収穫祭」です。けやき祭を楽しみ、そして大いに盛り上げていきましょう!